読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何故?夏休みに宿題が出るか?

夏休み、小学生や中学生のころに通称夏休みの友という名前で、宿題が出てせっかくの長い自由な夏の休みが嫌な気分になった人が多いでしょう。

 

どうして、夏休みに宿題を出すのかというと夏休みの間に野放しにすると、人によっては学校に良くも悪くも手に負えない存在になるので洗脳するために宿題と称してだすのです。

 

夏休みの自由研究でとある学校で、この課題は小学生らしくない、中学生らしくないということで拒否されたケースがあった。小学生や中学生のことを思って宿題を出しているならば自由研究で高度なことができることはいいことなはずなのに、それを否定するということは必ず裏があるに違いない。

 

ブラック企業にもこれに近い、洗脳方法があった。社員にノルマを与えて達成できない社員や代案出す人を無視して盲目的に目標達成した人を褒め称え、それ以外は厳しくするという方法が

 

経済は文化に立脚するという言葉があるが、夏休みの宿題という教育制度はブラック企業社畜予備軍を育てていたようだ。あなたたちのために宿題がでるのではない、産業界のために宿題がでるのです。