読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウーバー、 京都で月内開始らしいよ

 スマートフォンを使った配車サービスを手がける米ウーバーテクノロジーズは京都府京丹後市で月内にも、一般の車で住民や観光客を有償で運ぶサービスをNPO法人と始める。自家用車で人を運ぶ有償サービス「ライドシェアリング」は日本では原則認められていない。ただ、公共交通機関が乏しい地域では例外となっており、今回のサービス開始を機にほかの地域でもウーバーとの連携が進む可能性がある。

遂に日本でもフリーランス型のサービス(一般のドライバーと乗車希望者をマッチング)が始まりそうです。地方では、公共交通機関に補助金を出していたり補助金を出していることが多く、良くも悪くもモデルケースとなりそうだ。観光に良し、高齢者の足に良しだが地元のタクシーや、安全性に疑問を思う人がいるようだ。

自動運転とか少子高齢化社会とか言われている今、新しいモデルを探さなければいけない。