読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうして、ゆとり世代が一番か

ゆとり世代は強くなる。今の社会制度と人口比を比べると、恐らく優秀でなければ支えきれない。貴族や王様は数が少ないにも関わらず圧倒的に多い人民を支配できたのだ
 
 

SMAPの歌一つだけの特別な花や高橋のQちゃんみたいな誰でも努力すれば目指す物を獲得できることを伝えるため走っていましたと言っていたり、平凡を否定している強者の論理で生きているからです。

                                                     
ゆとり世代が何故?強くなると予測するのは強者の論理で生きている世界に生きている。からです。自己責任を押し付けられ覚悟を持って生きているゆとり世代は強者の論理を振りかざすかみんなの新しい平穏を作り出す可能性が高い「ゆとり教育」は国が失敗を認めてしまったようなもので、「ゆとり世代」はその失敗のレッテルを勝手に貼られてしまった世代だと思う。だがネガティブな温床にこそ天才が育つもの。そしてその逆境から天才が現れるとすれば、絶対にクリエイティブの世界にだと思う。今のところ、この説への賛同者はあまりいないのだが 
 
ロボットにしろ、グローバル人材と呼ばれる人はクリエイティブの才能がないと生き残れない。みんながゆとり世代を叩いているのはゆとり世代を覚醒させようと日本がみんなでグローバル人材を作り出そうとしているに違いない。   
 
ブランド、金、幻想が崩れているのは知っている。かなりのミニマリストだが支えてやらないといけない。悲しいことだ。
 
ただし、今の社会はかなりの天才が必要です。ゆとり世代がこれを解決できることを願う。