読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

消費者としては外国が助成金をたくさん投入してくれると嬉しい。

助成金をたくさん投入することで、困るのはその国の納税者、国債買っている人たち、同じ商品を作る競争相手だけなので他の国民からすれば得の方が多い。

 他の国民は助成金を使って高品質になったものを輸入することでサービス関係が発達するため経済が発達する、その結果として雇用も増える。競争力の維持のために助成金を政府が支援するべきと主張する人もいるようですがそうしようとすると外国から見たら、税金を輸出しお金を輸入して外国経済を自然に活性化してくれるカモなのでこれほど嬉しい相手はいない。

 

資本主義の世の中で政府が税金を使って、高品質な物や政府の要望通りの物を作らせたら国民が払う税金で、国民の選択を減らすどころか外国にただで税金の恩恵を与えまくっていることになるので国益としてはかなり損失が増える。助成金はしてもいいけど貴族が増えるだけですよ、消費者としてだけなら嬉しいが