読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピッカーには   カレラ ジェンセン

カリフォルニアの「ロマネ・コンティ」と呼ばれる最上ワイン“カレラ”!!
ロマネ・コンティ」でワイン造りを学んだジョシュ・ジェンセン。  
ロマネ・コンティの苗木を隠して持って帰ってきたとか、ブドウ畑の場所を探すために衛星を使っただとか、そそられる噂の多い人物、それが「ジョシュ・ジェンセン」カレラワインの生産者です。

1970年代当時ロマネ・コンティを超えるワインは作れないというのがこれまでの定説でした。兄弟のラ・ターシュは居ますがそれは好みが分かれています。

 石灰質の土地を見つけるための努力、カリフォルニアの法律と戦い、地域の地上げ屋との戦い、など苦労の数々。そんな苦労を重ねながらも素晴らしいワインを目指しているのです。例えば最高の土地を見つけるため、石灰岩の土地を見つけるため塩酸の瓶を持ち、ありとあらゆる手をつつくし辺境の土地を探しつくして2年、水も電気もない土地を購入し開墾し2003年の春、彼の作ったワインが「カリフォルニアロマネ・コンティ」その中でカレラはニューワールドだけでなく地球上で最も賞賛できるということがピノ・ノワールスペシャリストと大絶賛されロマネ・コンティ、フランスのブルゴーニュを越えるワインは絶対に造れないとまで言われていた定説を覆したことで有名になりました。

彼の理想はかなったのです。権威よりも成功を求める人ならばこのワインが良いでしょう。人気は結構高い


wine.jalux.com