読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野々村議員は誰も非難される筋合いはない。

自分の考え 生き物
何だかみんな、こいつを叩いて、甘利を叩かないのでこっちは野々村を擁護する。野々村さんは良くも悪くもサラリーマンや公務員が議員になろうと思えばお手本になる人物です。

安定している地方公務員を辞めて、議員を目指す。4回も落選し、生活費にも困るほどであった。ちなみに、選挙活動は資金不足とそうした性格から一人でやり、ポスターも全て一人で貼っていたという。

しかし、議員になってからは委員会から外されたり、色々恨まれたりしたみたいだし何よりも彼は成果を残せずに次回も選挙に出れるかというのが今回の騒動を引き起こしたと思います。

今の選挙法では以上に金がかかるのと、立候補したら公務員を辞めなければいけないとか色々な制度の犠牲者とも言えなくもないし、攻撃的な態度や、真面目な態度は焦っていた。

自分はこいつは頑張ったと思いますよ、でも色々足りなかったし、届かなかった。ニーチェの超人理論で出てくる。綱渡りで、途中で落ちたピエロですね、途中で落ちたピエロは誰も称賛しない。渡りきれるからみんなから称賛されるのさ