読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生命の樹としてのハシバミの樹木

昔から樹木は人間の生命や幸福の象徴と考えられ、生まれた子どもの成長を願って果樹を植えられた。ドイツではハシバミの樹がたくさん生命の樹として植えられたという。

 

これは、エデンの創造性や豊かさや神様からの祝福されるように願ってのことらしい。

 

民間のまじないの一つだが、信仰からできているため異端ではないようだ。