読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DMM 詐欺に使われる。エロ本ベットの下に隠すのは今も健在

自分の考え 生き物
インターネット関連会社「DMM.com(ディーエムエム・ドット・コム)」をかたる業者から、有料サイトの閲覧歴があるとの虚偽のメッセージが届き、利用料名目でプリペイドカード式の電子マネーをだまし取られる相談が相次いでいるとして、消費者庁は18日、消費者安全法に基づき注意を呼び掛けた。

 業者に実体はなく、消費者庁は「典型的な詐欺の手口。応じないで」としている。

 この業者に関する相談は昨年5~12月に各地の消費生活センターに約2千件あり、うち77人が計約2650万円分をだまし取られたという。1人当たりの最高被害額は約600万円だった。

 消費者庁によると、消費者の携帯電話に「DMM:有料動画の閲覧履歴があり、登録解除をその日のうちに連絡しないと身辺調査や法的措置に移行する」とのショートメッセージサービス(SMS)が届く。

 不安を感じた消費者が記載された電話番号に連絡すると「マイナンバー制度が導入された。未納だとブラックリストに載り、生活に支障が出るという。

エロ本やアダルトサイトを閲覧した履歴を妻や娘から隠したい気持ちは男としてわからなくもありませんが、これはネットが今よりルール無用だった10年前に未成年者に18禁ものを閲覧させ、登録させて、メールを大量に送りお金を騙した手口と同じです。未成年者の親にバレたくない良い子にしないと危ないという心理を使ったものですがまさかまだ騙される人がいるとは