読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時給は一種の時間魔法と見れば?

time is moneyがあるみたいですが、時給をアニメや漫画の技の一つとして見て見るとこうなる。 

分類使役もしくは時間魔法

使い方

人を金銭という代価を払い、自分の代わりに何かしらの作業を行わせる技。何回かその技を実行しているとたまに能力が高い人が出てくる。無用心にしていると逃げたり、怪我したり、裏切ったり、死んだりするときもあるのでそこは注意しよう。

 

メリット

自分の時間を他者から貰い手に入れることができ、さらにはその専門性をも手に入れる技。

リスク

そうした働き方を望まない人が増えると破綻する。

 

何故?時間魔法かというと、これを実行するには時間にかなり気を付ける必要がある。空間や人の認識そうしたものが時間そのものだとすれば特定の場所で作業させ続けたり。縛らせることも時間を奪う技である。人は誰しも時間を持つがそうした魔法にかかった時点で時間が減っているのだ。