読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

視察は隣町まで、これが優雅な市議会ライフ

最近、政務活動費でバッシングされる政治家が多いですが、マスコミに叩かれない方法はすでにできている。政務活動費を使うとしても叩かれにくい方法が

 

少し政策で成功し、そこから一般人にもいつでも行って帰れる場所に視察する。これはかなりメリットがある。噂好きの住民も、知識人も、一般人も視察先に対して不透明感がないというメリットがあるからだ。

 

理由を説明すると昔からだが、遠くの情報よりも近くの情報というように老人から若い人まで結構な人が何らかの方法で近くの情報を集めている。だから、議員が近くに視察に行っても知っているから安心感がある。これは理屈ではなく芸人、アニメ、カリスマ○○という存在はすごいというようなものと思っていてください。

 

最近叩かれているのは、改革しようとして失敗した人たちか足を引っ張られた人。議員発ちは地域に基盤を代々持っているから強い。