読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国難民は本当に怖いのか?

日本の中国政策は、アメリカから見るとかなり遅れを取っている。経済も日本よりもアメリカを模範にしているところが多い。

 

天安門事件は、何故起きたかというと一説には市場開放政策によって日本の学生運動と同じような感じで、新しい考えについていける人とついていけない人たちの間に格差ができた。その事件が起きた後、共産党が生き残るため、民衆の不満を押さえる手段の一つとして連合国という立場を強調するいわゆる反日教育というものが行われてきました。

 

日本はそうした実態を受けて、嫌中が広がって移民の話しになると中国から大量の移民が押し寄せて、日本人の雇用がなくなるという考え方をしている人たちが多いですが、自分は難民を受け入れていく方に日本は中国の政策とか見て良いと思う。香港のデモ弾圧とか見ているとわかるように日本の常識では考えられない人たちが難民になる可能性があります。真剣に国防を考えるなら、普通に考えて中国の難民を入れた方が情報も集まって得です。