読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AIは支配者からすれば都合が良い。

今の大きなネットサービスfacebookgoogleは検索表示やニュースでどのニュースを出すかを、言論の自由として決めていることは知っているでしょう。では人工知能が普及したときもそうしたところの都合で決められることがないとは言いきれないと言えるのでしょうか?自分は有利になるように細工する可能性はあると思う。

 

AI発明の後の世の中は誰にも予想できないが一つ言えることがある宇宙開発から、資源、食料問題、環境、法律色々ある中で独立できませんそれをAI発明して人類が幸福になれるという筋書きは、近代国家が理想、工場を立てて幸福になれるとか、信じたら救われるとかに似ているのです。強い勢力が変わるだけだと考えるのが健全な思考でしょう。

 

今の世の中はまだまだ全ての人間を越える人工知能ができてないですが、それが当たり前の世の中になると規制が出てくる可能性もある。倫理規定やAIを無闇に作ってはいけないとかそうしたことも起こる可能性がある。既得権を持っている人がそうした道具を作る規定を決めて、最初に開発した方の会社のいくつかをかなり優遇し基盤を固めるでしょう。

 

それでも現状よりも良くなるので市民からすれば幸福ですが、一部の人たちで人工知能利権を巡り大きく争いが起きると思う。何しろ人工知能は設定次第で支配者からすれば決して裏切らない副官で参謀で市民にサーカスを提供する存在になってしまう。つまり、最初に人を超えた人工知能を独占した人たちが手にしたとき、個人の欲望を効率的に達成するシュミレートする道具になるんじゃ?そんな存在に普通の人が勝てるかね