読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

韓国の高齢社会の現状

1.調査研究の意義
出生率の低下と平均寿命の延長に高齢者人口が増加し、韓国社会の高齢化率が世界レベルに急激に速くなっている。
2000年から高齢化社会に突入した韓国は、2026年ごろには、高齢者人口が20 %を超える超高齢化社会に突入、2050年には65歳以上の高齢者が全人口の34%以上を占めると予想されて対内的には、経済成長の鈍化と対外的には、国家競争力の弱体化が懸念される。
これ少子高齢化社会の現状と原因と問題点は、何で、これに対する政府の対策はある程度用意されている見てみようと思う。

2。少子高齢化の現状
□'83年の合計特殊出生率が人口置換水準以下に下落した以来、20年間少子化持続、
県産レベル(1.17)が持続する場合、2017年4,925万人でピークに達した後、継続的に減少して2100年には1621万人に縮小されて、生産可能人口(15〜64歳)も、2010年代をピークに継続的な減少で社会全体の早期組(早老)現象が発生懸念
□2000年、高齢化社会の中で2019年に高齢社会、2026年超高齢社会に到達し、高齢化社会で高齢社会に入って19年、高齢社会で超高齢社会にはわずか7年かかる見通し

3。少子・高齢化の原因
が。価値観の変化
(1)婚姻価値観の変化:未婚男女の結婚に対する態度の調査結果(2003)、未婚男女の29.1%が結婚は必須ではなく、「選択」で見ており、特に、女性が41.5%で、男性19.9%の2倍以上否定的婚姻管を有していること。
(2)子供の価値観の低下:婦人の子供の必要性に対する態度の変化の調査結果(2003)、必ず子供を持たなければならないという意識が急激に減少
(3)個人主義的価値観の広がり
や。初婚年齢の上昇と未婚人口の増加
□主婚姻年齢層である20〜30代の人口の減少、学業延長と経済活動などによる婚姻の遅延と出産忌避、独身好ましくなど婚姻に対する態度の変化などで婚姻減少傾向が継続
します。子育てと家事労働の負担増
□養育と家事労働の責任が女性に偏った社会的な雰囲気は、女性の出産忌避現象につながり、1〜2人の子供を好む少子化管が定着されており、子供の数の減少にもかかわらず、養育の負担がむしろ増加して出産忌避現象を拡散させる悪循環もたらす
と。女性の経済活動参加の増大
□「男性-日、女性-家庭」という伝統的な性役割分離は衰退して、女性の経済活動への参加が増え、「仕事と家庭」での男女平等欲求増大
しないでください。不妊家族と人工妊娠中絶の継続増加
不妊により子供のいない世帯は約64万世帯(14.5%)と推定されているが、不妊治療の費用が高額であり、治療器具のほとんどが高い関税を負担する輸入品で不妊家族の経済的負担過多
バー。平均寿命の増大
□保健医療水準の向上、国民の栄養状態良好と健康への関心の増加などで、韓国の人口の平均寿命が延長されており、老齢人口が急増している。

4。少子高齢社会の影響と展望
が。経済成長の鈍化
少子高齢化は、労働供給の減少、労働生産性の低下、老齢人口の増加に伴う、消費萎縮、投資萎縮、財政収支の悪化などが発生し、経済成長を鈍化させる見込み
や。老後保障をめぐる世代間の葛藤先鋭化
少子高齢化の傾向に基づいて生産可能人口は減少して、皮膚の量高齢者人口が急増することにより、生産可能人口の老年扶養費は大幅に増加する見通し
□年金制度など老後の所得保障制度において「負担の公平性-給与の適正」が確保されていない場合は、後の世代に過重な負担をもたらして、長期的な財政不安、持続可能な制度としての存立の危機招く恐れ
た。労働市場の変化
少子高齢化は、労働力の量的・質的変化だけでなく、産業構造の変化などの環境変化と相まって、賃金・定年制などの雇用慣行全般に影響を与える見通し
□労働力の規模の減少および構成の高齢化、経済の活力低下懸念
と。財政・金融産業構造の変化
□高齢化による国民年金受給率(受給者/加入者)が急増して、その負担-高給与の不均衡構造のため、県の制度を維持市2047年には基金が完全に枯渇されるなど、年金財政が不安定で、深刻な年金財政危機に直面する恐れ
ない。社会福祉問い合わせ変化
(1)子育てと老人扶養は、国家・社会と家族の共同責任に転換
(2)平均寿命の延長などにより、家族周期が変化して、高齢者の一人暮らしの期間の増大と生計独立傾向の増加に伴うCareコストの増大
(3)高齢者人口の増加は、高齢者の疾患のための医療・療養サービスの需要が増加して社会的費用と国の財政負担の増加
(4)老後の所得保障システムの改編圧力増大

5。少子高齢化問題の解決のための政策課題
が。出産と子育てに有利な環境づくりを通じた人口バランスを維持
□出産と子育ての社会的責任を強化し、家族や社会・国家が一緒に子供を産んで育てるシステムの確立
□家族に優しい・両性平等的、社会文化の造成を通じて出産・養育の責任が女性に集中しないようにして、仕事と家庭の両立誘導
や。高齢社会の生活の質の向上基盤の構築
□安定した老後の生活のために、個々の所得保障制度の充実を通じた多層所得保障システムを構築
□健康的な老後の生活のために事前予防的健康管理活動を促進して、高齢者医療費の支出を削減し、治療・療養支援システムの強化
□住宅・交通・レジャー・文化などの各分野での高齢に優しい社会基盤を構築し、高齢者の社会参加を促進することにより老年生活の活力増進
だ。少子高齢社会の成長動力の確保
□女性・高齢者・外国人労働者など潜在的な労働力の活用のための基盤構築を通じ、今後生産可能人口の減少に備え
□高齢社会の限られた人的資源が優れた競争力を保持することができるよう人材開発を積極的に推進し、病気・事故による労働力損失を予防
□未来成長動力産業として高齢者向け産業を集中育成して持続的な経済成長を牽引して、高齢者の生活便利および安全増進を図る
と。少子高齢社会対応の社会的雰囲気作りや有効性の向上
少子高齢化の社会的認識と価値観の確立のために、戦略的広報とライフサイクル別の学校教育・社会教育の推進
□宗教・労働界・経済界・市民社会団体など社会の各部門との政策コミュニティ形成と社会的合意を介して犯し社会的対応体制の構築
中央政府地方自治体間の連携強化、パフォーマンス管理システムの構築など、少子高齢社会政策効果を高めるための政策推進システムの構築

6。おわりに
このように、出生率の低下に伴う人口構造の高齢化による福祉関連の負担の増大なども重要な問題であるが、人口規模の減少は、長期的に成長の可能性を低下させるだけでなく、国の存立そのものにも影響を与えることができる。人口規模を維持することができる代替レベルである2.1人に比べて著しく低い現在の出生率を長期的には代替レベルまで引き上げることができる対応方向と推進政策の社会各部門のコンセンサス形成と社会的合意を通じた汎社会的対応体制の構築が必要であり、中央政府地方自治体、市民団体、企業、および労働界、宗教界、マスコミなどが相互に協力と理解に基づいて、それぞれの責任と役割を果たしすることにより、少子高齢化を克服するための基盤作りが切実だと思う。