読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

同和問題から何を学んだのか?

同和問題という人権の大切さを説くために予算が使われている。そこは置いといてそこから人は何を学んだのかが大切です。

よく、ペットの犬とか猫が刹処分になる度にペット関係の商売がかなり責められる。この話は商売で考えてみるとコンビニが売れないから弁当を廃棄処分とかと似ているわけですが

ペット関係の商売は、なくなったらなくなったらでその関係者も大変です。昔の部落の一部ですが、牛をさばいているという理由で差別されていましたが、肉を食べたい外国人には歓迎されたし、現在にも残る和太鼓の加工の材料となっています。ペット関係の商売者たちは、何か新しい形を作るかもしれません。