読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学校の校則ってAV?

自分の考え

校則は社会秩序を学ばせるための訓練とかいうものがあるが、自分的には学校の校則というものはねAVに感じていた。

女子の髪の長さにしろ服装にしろおしゃれにめざめて、校則によって先生たちに制限されるというのはなんていうかぞくぞくする。

私服の時をみていると尚更それを実感する。
最新の流行服を着ていたり、化粧をしてデートしている子もいる。
それが学校に行くとどうだろう。時代錯誤な制服に制限され髪型も長い子は結ばなければならないという縛りや眉毛を添ってはいけないとかの規則に制限されている姿は滑稽だ!


だから私は、痴漢被害に遭った子や、裸にされた人も好きにされたわけではない。そう考えると本来はもっとおしゃれがしたいのに、校則があるからそれができないと考えると、校則すらAVに感じてしまうのだ。子供の権利とか言って校則廃止は訴えたくはない。タダで他人がせっせと子供のためとか言って自分のために、みんな労働してくれるものをわざわざぶちこわすのは、金がよほどあるときにしかやらないしこんな特典があるならなおさらやらない。自分の平穏な暮らしにはそもそも不要な労働です。それに私は法律違反をしたり、校則を無闇に破った人間ではない、病気以外の日は真面目に授業を受け居眠りを恥じた人間だ。

豊かになればなるほど選択が増えるということは逆に制限されたときに足掻く姿は、素晴らしく輝きを放つ。教師に見つからないようにあがいている子はかわいかったし、それはそれでAVになりそうなものだった。

校則というものが社会秩序に対する訓練方法だとするならば、社会が間違えているのか?果たして私が間違えているのか?それともAVにセーラー服が多いようにこの感情はみんな持っているのか?その判断すらつかないんだよね校則も丸刈りが廃止されたように時と場合により変化できるように時代の要請によって変えることができる。もしも間違えていると思うならば変化するべしだ


何が間違っているか誰かわかるか?

それに、公務員はこうした思考回路した人に制度を作れるのか?