読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界のソニー復活なるか!

ソニーは18日、人工知能(AI)開発の米ベンチャー「コジタイ」に出資し、共同研究すると発表した。出資額は非公表。ロボットやゲームにAIが組み込まれることを見越して、アイボには顔認識や音声認識など多くの最先端の人工知能技術が搭載されていました。アイボの会が今でもあるようにエンタメ部門人工知能技術を使ってソニーには面白いことを期待したいものです。

マーク・リング博士(コジタイ社 CEO)のコメント
『我々は、次世代の人工知能開発に向けソニーから大きな支援を受けられることにわくわくしています。多くの会社がそれぞれ違ったやり方での人工知能の追求をしていますが、我々はソニーと開発する技術が、業界にとって将来の方向であると確信しています。』

北野宏明(ソニーCSL 代表取締役社長、所長)のコメント
『我々は人工知能が莫大な数の製品に組み込まれ、人々の生活にとって当たり前のものになっていくと信じています。この進化の過程において、最も重要なのは、コンスーマーにどのような価値をもたらすかという点に集中することです。
今後はどのような分野に、どのような価値を提案するのか、そのためにどのように技術体系を構築していくのか、それらの選択が極めて重要となります。

今回のソニーとコジタイ社との共同プロジェクトはこの視点からも大変大きなマイルストーンになります。』

Sony Japan | ニュースリリース | ソニー、米国Cogitai社に資本参加 次世代の人工知能(AI)に関する研究開発を共同で推進