読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「くまモン」が被災者を支援する目的であれば、使えるらしい。

熊本県のマスコットキャラ「くまモン」のイラストが、熊本地震被災者を支援する目的であれば、許諾なしでも利用できることになった。熊本県が4月19日に発表された。

熊本地震支援のための募金活動、チャリティイベント等で使用するポスター、のぼり、チラシ、募金箱等に限って、届け出さえすれば当面の間、許諾不要で使用できるようになった。くまモン公式サイトによると、届け出の詳しい内容は以下の通り。

            • -

(1)利用対象

熊本地震支援のための募金活動、チャリティーイベント等で使用するポスター、のぼり、チラシ、募金箱等

※チャリティー目的であっても、商品・グッズ(非売品のもの含む)等への利用については、通常の利用許諾手続きが必要になります。 

(2)受付期間

当面の間(終了時期は別途、当ホームページでお知らせします。)

(3)届出方法

別記様式第9号とデザイン画(ラフ画)を、くまもとブランド推進課(kumabura@pref.kumamoto.lg.jp)までメールにて提出してください。

なお、届出に当たっては、くまモン利用申請の「利用規程」及び「利用の手引き」を熟読、了知のうえ申請ください。

(4)留意事項:

1.支援内容の報告(募金者の名義・募金先)を支援活動終了後、おおむね2週間以内に、任意様式(メール本文可)にて同メールアドレス宛て提出ください。

2.届出いただいたのちに、使用されるイラストの周囲に「(C)2010熊本県くまモン#熊本支援」と記載して使用してください。


自分的には、こうしたチャリティ活動や前向きな活動が、遠く離れた人からすれば自粛よりも経済が回って結果的に早く復興できると考えているので将来デザイナーになりたい人やクリエイター志望の人はボランティアした方が良いと思います。