読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだテレビで消耗しているの?

日テレさんのテロップ訂正問題で、netgeekがなんか盛り上がっているのを見ましたが言いたいことはわかりますがそんなに嫌なら普通に無視すればよいと思いました。

印象操作とかみんな普通に言っていますが、テレビが印象操作をするのは常識ですし熱狂しているうちに気付かずに終わっていることが多いのです。

正直に言えば、ネットの騒ぎはマスコミからすれば釈迦の手のひらの孫悟空ですらないというのが今回の感想だ。安倍総理は最近戦後レジームの脱却とか、憲法問題、東京オリンピック、TPPというコアな人向けの政治課題の解決ばかりしています。身近な問題としてはアベノミクスで景気というよりは株価は上がったし正社員枠も増えた。待機児童が片付かない、介護士不足とかがありますが、これ以上改革はやりたくないというのが本音でしょう。(電波オークションとか見ても)例えば今回の騒動は安倍総理はよくマスコミに中立を訴えていますが、そこに敢えて偏向している物を作るとそれに対して負けないで頑張る総理としてネットから応援されます。漢字の読み間違えが総理の資質として正しいかどうか問題になったように、わかりやすく誰かがPV稼ぎで拾いやすいように工夫してみんなを操作しているのかもしれません。

反安倍なら国家戦略特区法とかTPPのデメリットとか大々的にやるはずじゃん。スーダンPKO中国と協同とか大々的に流し続けた方が安保法案も死ぬし政権の不満も爆発します。反安倍ならば都合が悪い情報を与えるだけで潰れてくれるし、野党にとって都合が良い情報ばかり流せばいいだろう。しかしそれをしないのは自民党についていた方が得だからである。

マスコミと戦う人を橋下さんやホリエモンを見て求められているのを見て支持率が上がることは知っている。何らかの約束があった場合は敢えて杜撰な報道をすることでマスコミに負けない総理を演出することができてどちらにとっても得だと思うのは自分だけだろうか?一次情報はマスコミからしか取れない、総理は支持率が上がる。両方にとってメリットは多い。