読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨーロッパが強い理由はボランティア

彼の初期の目的は、英国の慈善団体マーリン(医療緊急援助インターナショナル)のためのお金と意識を高めることであったが、彼は彼が彼のルート上に出くわした取り残された人たちに対してますます強い関心を取り始めました。「私は私が見て、社会の端に住んでいる人々を研究することによって、主流社会について学ぶことができると感じた」と彼は言います。彼はカンボジアの浮動医療クリニック、タイとミャンマーの国境に結核診療所を含むアジアでの非営利医療プロジェクトに関与しました。、一度にミャンマーの内部であまり機能していませんでした、彼らはHIVを持っていたし、彼らはしばしば、このクリニックで治療されることになるので、仲間外れカレンコミュニティのメンバーであった、らしいこれは外国の物ですがボランティアすることでマジョリティとはなんだ?マイノリティとはなんだと明確にするものです。

最初は、救う目的で来ていたのかもしれませんが現地に行くことによって色々と変わっていったのだと思うのです。こうした活動した人が尊敬されることに納得ができました。これをすることでプロジェクトを立てる能力を高めて、文化の違いを知る人が育てられて、新しい概念を持ち込める人材を育成するプログラムであった。

日本では、採用されるだけの話作りのボランティアは多いですが、ここまでする人は多分いないと思う。これは素直にすごいしこうしたボランティアはあまりないと思う。ヨーロッパがどうして強いかここにわかった。