読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野々村竜太郎がどうして議員になれたか?

どうして、彼が議員になれたか疑問視している人が多いようですが、自分の見解を書いていこうかなと少し思います。だってネタにだけされ過ぎてかわいそうだ。

彼は、議員として4回落選しているほど熱心だったことは確かみたいだが、当時流行していた維新というキーワードを使い当選。

ちなみに、兵庫ということからあり得ないことではないし、名前は浸透していないみたいだが、多少の効果はあったのかもしれない。

党推薦批判者が彼を当選させる余地を生んだ。          

彼が、落選したときは民主党の新人候補が落ちた。民主党の勢いが当時落ちていたことと。維新が大阪春の陣とか言っていた時だったので、良くも悪くも引っ掻き回していたので、地方議会は、政党の代理政争の形になっていた。これを嫌う人も多かったはず

そうした空気が当選させたことと、安定していた公務員を辞めてまで県議員が腐敗しているとずっと言っていたらいつかは、成功します。ある意味では面白い人ですし既得権益の挑戦者の一人という見方もできなくもないです。当選できた理由は彼の執念でしょう。