読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビスマルクの名言

賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ。 勝利に終わる戦争と言えども常に一つの悪であると私は考える。 政治は民衆をそれから守る努力をしなければならぬ。 われわれは愛と好意には、たやすく丸め込まれる。 おそらくは、あまりにたやすく。 しかし脅しによって丸め込まれることは絶対にない! 的確な弾丸よりも鋭い弁舌のほうが強い。 青年に勧めたいことは、ただ3語に尽きる。すなわち「働け、もっと働け、あくまで働け」だ。

 

神を怖れよ、そしてほかの何人をも怖れるな。


私の立場にあっては我意を通すことは場合によってはまさに犯罪行為である。
責任のない立場にあれば、そんなぜいたくも許されようが。


人が決まってウソをつくとき。
それは狩りの後、戦争の最中、そして選挙の前。


名誉と独立を好む国民はすべて、自国の平和と安全は自分自身の剣によることを意識すべきである。


原則としては賛成だ、と人が言う時、その人間はそれを実行しようする意思を微塵も持っていない。

 

 

本当かと疑いたくなるようなものも多い、大学時代は怠け者で通っていたがその後努力したといわれるし神に恐れていたかも彼は疑問だし我意も結構通していた。

つまり彼はかなりのわがままな性格だったことを考えなければならない。ただしこの時代民主主義に立ち向かう保守系の政治家として、美しい言葉や甘い言葉の裏に彼は敏感だったのかもしれない