読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

韓国人の人材採用観

キャリア

 

徹底解析!!サムスン 成功の秘密 (洋泉社MOOK)

徹底解析!!サムスン 成功の秘密 (洋泉社MOOK)

 

 

成功した企業、起業家が語る「人材採用」の重要性は、企業の存続と繁栄に最も重要なことだといっても過言ではない。人が集まって、企業がされて、その企業の結果は、集まった人たちがされるからである。この重要な命題を持って、今度は成功した人材採用の方法のやり方を元に、筆者の個人的なアイデアを出してみようと思う。

結論を先に言えば、「スキル、経験、学校よりも人柄を把握せよ」である。その後、人柄を把握するべきである。筆者は、3つの、そして拡張して5つのことを見て採用しようとする。

セルフモチベーション

Integrity(信頼性、誠実性)
ポジティブThink
Chemistry(出の化学作用)
個別に見れば。

セルフモチベーション

馬<生きるために死ぬの力で鹿を追う虎にムチが必要か?>

大きな仕事をしようとする情熱に満ちた人である、ないきちんと給料を払える人なのかを区別する項目である。 筆者は他のどのアイテムよりも一番重要だと思う。ベンチャーという組織は、受身の姿勢の人たちと一緒にして成功することができず、すべてのチームメンバーが自主的に仕事を見つけて取り組まなければならない。そして、その日の成果を通って達成感を味わうことがずっと仕事を進める原動力となって前進することができなければならない。ムチをしなければなら前に進む家畜がいる組織であれば、..その組織は死んだ組織と相違ない。

この人財を評価するためには、3つのレベルで評価する。これにより、本人の生活にどのように大きな情熱を持っているかどうかと、一緒に仕事することについてどのような情熱を持っているかどうかを把握することができる。

1)過去に経験した困難の中で最も大きな困難は何だったか?そしてそれをどのように克服したか。
2)これまで成し遂げた成功の中で最も大きな成功は何であるか?そしてそれを達成するためにどのような努力をしたのか
3)なぜこのポジションを志望していること





情熱はありますが、賢さがない場合は、社長が考えるのだ。賢さを把握するために、簡単なIQのテストのようなものを出して見る。問題を解答しても、問題を理解するコミュニケーション能力や、問題を解決するアプローチなどを見ると、この人は秀才タイプの人なのか、自分で考える人なのかを把握するのに有用である。

誠実さ

情熱的で、誠実でない人であれば、その人を信じて仕事を任せることはできない。短いインタビュー期間中にこれを把握することは容易ではない。しかし、志願者の履歴書で仕事がどのくらいの頻度で変わったかを通ってある程度把握することはできる。仕事を頻繁に変えた人は、この会社に入ってくる瞬間から、会社がよくなるよりも、自分のスペックをどのように築き、給料を上げて、他の会社に移ることに大きな関心がある。



Positive(ポジティブマインド)

ベンチャー/スタートアップ失敗の可能性が高い。まるで「ラクダが針の穴に通過することは99%不可能である」という現実と、不安にさせてしまっている。しかし、ベンチャー/スタートアップに必要なのは、99%の不可能の話ではなく、1%の可能性の話だ。どのように1%の成功を取ることができるか、積極的に考えている人が必要である。、この項目につきましては短いインタビュー時間は通って把握することは容易ではない。(*さらに、米国ではこのような質問を直接することは違法でもある。)



Chemistry(相性)

人材がいくら金とダイヤモンドのように貴重で価値があるとしても、創業者本人との相性が合わなければならない。なぜか一言もよりしたいと思って仕事が終わった後もよう時間を過ごしたい人がいる一方、オシャレできれいな人なのに、あまり親しみが嫌いな人がたまにある。お互いが楽に近付いて話を交わすことができなければならないという当然の話が結局結果としてまでつながっている。
調和は似たような人に会ったときにのみ行われるものではない。感情的によく当たったり、短所が同じで気が合うということもありますが、創業者の弱点をカバーする場合、内向的な創業者の不足している外向性などの調和が実質的に必要な部分である。



これらの基準は、人を選ぶときだけでなく、他の企業とのパートナーシップを結ぶ際にも使用することができる。相手の会社の代表や担当者の人間性を把握しようとするときに必ず会って、様々な本を読んで、このような基準に従った人の評価が合致しなかったかかわらず、製品が良くパートナーシップを結ぶことしかなかった場合があったが、結果的に、常に良い結果を出せなかった。

すべての企業が人材採用に大きな重要性を置いているように、それぞれの多様な方法がある。筆者の経験に基づいた人材を見つける方法が読者の方に少しでも役立つ事例あってほしい。

成功した企業、起業家が語る「人材採用」の重要性は、企業の存続と繁栄に最も重要なことだといっても過言ではない。人が集まって、企業がされて、その企業の結果は、集まった人たちがされるからである。この重要な命題を持って、今度は成功した人材採用の方法のやり方を元に、筆者の個人的なアイデアを出してみようと思う。

結論を先に言えば、「スキル、経験、学校よりも人柄を把握せよ」である。その後、人柄を把握するべきである。筆者は、3つの、そして拡張して5つのことを見て採用しようとする。

セルフモチベーション

Integrity(信頼性、誠実性)
ポジティブThink
Chemistry(出の化学作用)
個別に見れば。

セルフモチベーション

馬<生きるために死ぬの力で鹿を追う虎にムチが必要か?>

大きな仕事をしようとする情熱に満ちた人である、ないきちんと給料を払える人なのかを区別する項目である。 筆者は他のどのアイテムよりも一番重要だと思う。ベンチャーという組織は、受身の姿勢の人たちと一緒にして成功することができず、すべてのチームメンバーが自主的に仕事を見つけて取り組まなければならない。そして、その日の成果を通って達成感を味わうことがずっと仕事を進める原動力となって前進することができなければならない。ムチをしなければなら前に進む家畜がいる組織であれば、..その組織は死んだ組織と相違ない。

この人財を評価するためには、3つのレベルで評価する。これにより、本人の生活にどのように大きな情熱を持っているかどうかと、一緒に仕事することについてどのような情熱を持っているかどうかを把握することができる。

1)過去に経験した困難の中で最も大きな困難は何だったか?そしてそれをどのように克服したか。
2)これまで成し遂げた成功の中で最も大きな成功は何であるか?そしてそれを達成するためにどのような努力をしたのか
3)なぜこのポジションを志望していること





情熱はありますが、スマートさがない場合は、船が山に登るのだ。賢さを把握するために、簡単なIQのテストのようなものを出して見る。問題を解答しても、問題を理解するコミュニケーション能力や、問題を解決するアプローチなどを見ると、この人は秀才タイプの人なのか、自分で考える人なのかを把握するのに有用である。

誠実さ

情熱的で、誠実でない人であれば、その人を信じて仕事を任せることはできない。短いインタビュー期間中にこれを把握することは容易ではない。しかし、志願者の履歴書で仕事がどのくらいの頻度で変わったかを通ってある程度把握することはできる。仕事を頻繁に変えた人は、この会社に入ってくる瞬間から、会社がよくなるよりも、自分のスペックをどのように築き、給料を上げて、他の会社に移ることに大きな関心がある。



Positive(ポジティブマインド)

ベンチャー/スタートアップ失敗の可能性が高い。まるで「ラクダが針の穴に通過することは99%不可能である」という現実と、不安にさせてしまっている。しかし、ベンチャー/スタートアップに必要なのは、99%の不可能の話ではなく、1%の可能性の話だ。どのように1%の成功を取ることができるか、積極的に考えている人が必要である。、この項目につきましては短いインタビュー時間は通って把握することは容易ではない。(*さらに、米国ではこのような質問を直接することは違法でもある。)



Chemistry(相性)

人材がいくら金とダイヤモンドのように貴重で価値があるとしても、創業者本人との相性が合わなければならない。なぜか一言もよりしたいと思って仕事が終わった後もよう時間を過ごしたい人がいる一方、オシャレきれいな人なのに、あまり親しみが嫌いな人がたまにある。お互いが楽に近付いて話を交わすことができなければならないという当然の話が結局結果としてまでつながっている。
調和は似たような人に会ったときにのみ行われるものではない。感情的によく当たったり、短所が同じで気が合うということもありますが、創業者の弱点をカバーする場合、内向的な創業者の不足している外向性などの調和が実質的に必要な部分である。



これらの基準は、人を選ぶときだけでなく、他の企業とのパートナーシップを結ぶ際にも使用することができる。相手の会社の代表や担当者の人間性を把握しようとするときに必ず会って、個人的に勉強して、このような基準に従った人の評価合致しなかったにもかかわらず、製品が良くパートナーシップを結ぶことしかなかった場合があったが、結果的に、常に良い結果を出せなかった。

すべての企業が人材採用に大きな重要性を置いているように、それぞれの多様な方法がある。筆者の経験に基づいた人材を見つける方法が読者の方に少しでも役立つ事例あってほしい。

 

韓国最強企業サムスンの22の成功習慣

韓国最強企業サムスンの22の成功習慣